株式会社アスカネット

INTERVIEW

社員インタビュー

問題解決の為に
助け合える伝統を大切に

事業部長兼営業部門責任者(関東支社)

佐々木 孝司

フューネラル事業部 部長兼営業部門責任者
2002年入社

問題解決の為に
助け合える伝統を大切に

事業部長兼営業部門責任者(関東支社)

佐々木 孝司

フューネラル事業部 部長兼営業部門責任者 2002年入社

Q. 入社のキッカケは?

新規開拓にやりがい

繊維関係の営業をやっていましたが、海外製品に押されていた業界の将来に不安を感じていたので他の業界への転職を考えていました。そんな時に当社の求人が目にとまり応募したのがきっかけです。まだあまり世の中に広まっていない商材で新規開拓をしてお客様を作って行くというスタイルにやりがいと魅力を感じました。

営業部門部長1

Q. 仕事内容を教えてください

営業拠点との密な連絡が要

事業部方針をもとに、先ずはトップラインの売上予算を作るために営業チーム全体をマネジメントしています。全国の拠点と連絡をとり電話での声の様子や活動内容でモチベーションの有無を察知して何かあれば出向いて手助けをしたり、時には気分転換をしてもらえればいいと考えています。もう一つのサポートチームは営業に比べて若手が多いのでテクニカルな事よりも基本的なマナーや顧客対応を都度指導するようにしています。その上で社外に居る部署とそれを支えてくれる社内の部署との連携がうまく行くように心がけています。

Q. 仕事内容とやりがい

「アスカネットにして
良かったよ」と
言っていただいた時に

営業現場と打ち合わせをして「よし!これで行こう」と決めた事が成功し担当と一緒に喜ぶ時ですね。そしてお客様から「アスカネットにして良かったよ」と言っていただいた時に「でしょ?!」と言えた時にやりがいを感じます。これはオペレーションで加工する遺影の品質やサービス全般に自信があって初めて言えることだと思います。

営業部門部長2

Q. 職場の雰囲気は?

皆で解決しようとする風土

私の居る関東支社だけでなく、広島本社や琵琶湖オペレーションセンターではお客様の為に一つになって「任せてください」と自信を持ってお客様に言える仕事をしています。また、お客様のトラブルやイレギュラーな要望を皆で解決しようとする風土があります。事業部の方針を作る際も主任以上で話し合いをして問題解決の為に協力関係を作っていくという雰囲気はこれまで培ってきた事業部の伝統だと思います。

営業部門部長3

Q. あなたにとってアスカネットとは?

感謝

頭に最初に浮かんだのが「感謝」という言葉でした。営業として自信を持ってお客様に勧める事の出来る商品を持たせてもらえる事への感謝です。また当社のビジョンの「思いをカタチに」という言葉どおり社内での提案制度や、営業現場からの提案を実現出来る事にも喜びを感じています。
30年存続する会社は全体の僅か0.03%と言われていますが当社も20周年を過ぎ30周年を目指していくにあたりもっと大きく伸びていく会社にしていきたいと思って仕事をやっていこうと思います。

仕事中の必須アイテム

仕事中の必須アイテムは?

入社した時に改めて営業の勉強をし直す機会がありました。そんな中、何か新しいものを持つと気分が変わるという事で買ったのがこのシャーボです。このペンで多くの契約を取ることが出来ました。もう壊れているのですが思い出が詰まっているので今でも捨てられません。ボールは息子が野球で頑張っているので、僕も仕事でがんばろうという気持ちを持つ為に机に置いています。

  1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 社員インタビュー
  4. 営業