株式会社アスカネット

INTERVIEW

社員インタビュー

人の思いの交わるところ

システム開発課長(広島本社)

岡 武志

フォトパブリッシング事業部 システム開発グループ
2007年入社

人の思いの交わるところ

システム開発課長(広島本社)

岡 武志

フォトパブリッシング事業部
システム開発グループ
2007年入社

Q. 入社のキッカケは?

皆で一緒にシステムを
構築できる環境

メーカー系のソフトウェア開発会社を経て転職する際に就職情報サイトで見つけたのがアスカネットでした。サイトで紹介されている仕事内容を見て思ったのはシステムの使い手と開発の距離が非常に近いなという印象を受けたのを覚えています。自分一人で作るのではなく皆で一緒にシステムを構築できそうだと感じました。

システム開発マネージャー1

Q. 仕事内容とやりがい

”してやったり感”が
味わえる

私自身の今の仕事としてはタスクの管理や要件定義そして関係部署との調整、新しいシステムの提案といった内容です。やりがいとしてはやはり関わったシステムをユーザーに使ってもらった後に「使いやすい」「わかりやすい」「おもしろい」「こんな機能欲しかった」といった声が聞けたときの「してやったり感」が味わえるところですね。ちなみにユーザーはお客様だけでなく社内の生産現場担当者も私たちの開発したシステムを使うのでユーザーになります。
ユーザーが目にする部分の仕様を考えるときは色々なパターンを想定しながらものすごく試行錯誤するので自分の思惑にはまったときは思わず「やっぱりね」とドヤ顔になってしまいます(笑)。
システム開発はかなり多くのシステムエンジニア以外の方が関わります。関係者に納得してもらえるものを打ち出すことにはとても苦労しています。
この苦労に苦労を重ねてやっと日の目を見るシステムが最終的にお客様のもとに届くハイクオリティな商品を生み出すのに必要不可欠な要素となっているので結果につながるシステムを構築できる面白さがあると思います。

システム開発マネージャー2

Q. 職場の雰囲気は?

ホウレンソウの
相談を先に

私を含め8名のグループの部署です。ソフト開発を外注委託する担当と生産に関わるデータのフロー構築の担当がいます。心がけているのは私が疑問に思った事は都度話をするようにしています。またメンバーにお願いしているのはホウレンソウの相談を先にしてもらうということです。物事が起こる前であれば色々と対策を考えることができますから。

システム開発マネージャー3

Q. あなたにとってアスカネットとは?

人の思いの
交わるところ

「人の思いの交わるところ」だと思っています。商品をお届けするまでにアスカネットだけでもとても多くの人が関わります。お客様の思いに営業、サポート、生産、システムといったそれぞれの担当者の思いをさらに乗せてかたちにしています。
気持ちの入った商品をお届けすることできっとお客様にご満足していただけていると思っています。

仕事中の必須アイテム

仕事中の必須アイテムは?

パソコンが無いとシステムは作れないのでやっぱり無いと困ります(笑)。Macを使っている理由はサーバーで動かす処理の開発はMacの方が親和性が高いのと慣れてしまうとこちらの方が使いやすくなったからです。

  1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 社員インタビュー
  4. システムエンジニア