株式会社アスカネット

CSR活動

アスカネットのCSR活動の考え方

ステークホルダーの要望や期待に応えるべく努力しながら、日々の事業活動を通じてCSRの取り組みを推進し、持続可能な社会の発展に貢献していきます。

NPOの広報活動支援事業

NPO法人をはじめとする市民活動団体の情報発信、広報活動を支援することを目的に、アスカネットの持つ技術(写真集等の小ロットからの作成、デザインなど)を活用し、その活動を記録する写真集や広報用のポスター、パネル等を無償提供しています。

十分な広報の手段を持たないことから、積極的かつ有意義な活動を続けているにも関わらず、まだ、世の中に広くは知られていない、さまざまな市民活動があります。アスカネットは、写真集やポスターを小ロットから作れる強みを生かし、その活動が世の中に広く知られるよう、支援をしてまいりたいと考えております。

成果物の授与

社員の「もったいないの声」から
生まれたエコメモ帳

CSR活動のひとつとして、これまで廃棄してきた、商品には使用できない印刷用紙を利用したメモ帳・画用紙帳の作成に取り組んでいます。この取り組みによって、これまで廃棄するはずだった紙が、小さなサイズはメモ帳に、大きなサイズはノートや画用紙帳に生まれ変わります。「捨てるにはもったいない」「何かに使えないか」という社員の声から生まれ、「エコメモ帳」という名前で社内に認知されています。

2010年から取り組み始め、本社近くの児童館や保育園など10数ヶ所へ配布いたしました。特に大きなサイズの画用紙帳は、「いくらあっても嬉しい」と子どもたちを中心にとても喜んでいただけています。
この活動は小さな発見からスタートした取り組みですが、社内の無駄を減らし、地域の方々や子供たちに喜んでいただけたことに意義を感じるとともに、社員ひとりひとりのモチベーションにも繋がっています。今後もこうした地道な活動を続けてまいります。

広島市中区「ともえ保育園」で、子供たちに画用紙帳を配布したときの模様 1
広島市中区「ともえ保育園」で、子供たちに画用紙帳を配布したときの模様 2

広島市中区「ともえ保育園」で、子供たちに画用紙帳を配布したときの模様

家族参観日

家族参観日は、"家族の理解があってこそ、仕事ができる"という考えのもと、「社員がどのような仕事をしているのか」「アスカネットはどのような会社なのか」を家族が知ることを目的に行いました。

今後は、工場見学できる機会を、地域近隣の学童にも広め、地域に根ざした企業活動をしていきたいと考えております。

家族参観日 1
家族参観日 2

エコキャップ運動への取り組み

社員から「エコキャップ運動をしてみてはどうか?」との改善提案が挙がったのがきっかけでエコキャップ運動を始めました。エコキャップ運動とは、ペットボトルのキャップをNPO法人エコキャップ推進協会へ寄贈し、そのキャップを売却した資金でポリオワクチンを途上国の子供たちへ届けるものです。

取り組みを開始して、2017年6月までに約271,000個のキャップを寄贈しております。キャップ約800個で一人分のポリオワクチンが購入できるので、約339人分に相当するものです。今後も引き続き、エコキャップ運動に取り組んでいきます。

地元・広島のスポーツチームを応援

「広島東洋カープ」スポンサーとして2009年春に誕生した広島市民球場内に、また「サンフレッチェ広島」オフィシャルスポンサーとして広島ビッグアーチのフィールド内に広告をかかげ、社員にも球場・スタジアムでの観戦を勧め、「広島東洋カープ」「サンフレッチェ広島」を応援しています。

広島市民球場内の広告
広島ビッグアーチ内の広告
  1. ホーム
  2. 会社概要
  3. CSR活動