株式会社アスカネット

  • PR情報
  • 2018.11.08
  • メモリアルデザインサービス

全国で亡くなられる方の約3人に1人が利用する遺影加工サービス
遺影業界の「おくりびと」アスカネット
遺影加工実績数 500万件を突破のお知らせ

遺影写真作成・加工サービス「MDS(メモリアルデザインサービス)」を展開する株式会社アスカネット(本社:広島県広島市、代表取締役社長 松尾 雄司、以下 アスカネット)が遺影加工実績500万件を突破いたしましたので、お知らせいたします。

今回は、遺影加工実績500万件の中で、過去に実際にあった加工事例をご紹介させていただきます。

実際にあった加工事例の紹介

1. 顔のチューブやガーゼを綺麗に修正

生まれた時から入院していた赤ちゃんに付けられた
チューブやガーゼを取り除き綺麗な顔に加工を施しました。

ご要望にお応えすることでご遺族から感謝の手紙が届くことも。
そのほかにも、「表情を笑顔にしてほしい」、「年齢に合わせて髪の毛を白髪交じりにしてほしい」など、
ご相談は数多くお寄せいただいております。

2. 在りし日の故人を想って・・・

遺影のため用意した写真がメガネを掛けていなかったので、
故人がいつも愛用していたメガネを掛けさせてほしいという
ご遺族からのご要望にお応えいたしました。

その他、「勲章を合成して付けてほしい」、「遺品のシャツを着せてほしい」など、
「生前の思い出を色濃く遺したい」というご要望は少なくありません。

3. 大切な遺影写真を愛犬と一緒に

「愛犬を故人の隣に合成して散歩しているようにしてほしい」という
ご要望にもお応えいたしました。

愛犬以外にも「故人の周りに猫などの動物を配置してほしい」、「インコを肩に乗せてほしい」など、
故人が大切にしていたペットにまつわるご相談も増えております。

その他、遺影加工で多い要望

「シワを消したい」、「少し細くしてほしい」、「白髪を黒髪にしてほしい」など、見た目の若返りに関連するご要望が最も多く見受けられます。
その他にも、「集合写真の中から1人を抜き出したい」、「白黒写真をカラーにしたい」といったご依頼も珍しくありません。
当社に寄せられるご要望はどれも「故人にとっても、ご遺族様にとっても大切な“遺影写真”を少しでもよい形で遺したい」という温かい想いで溢れています。

アスカネットの「遺影加工技術」について

現在、葬儀業界では当たり前になっている遺影写真のデジタル加工・出力技術(写真の取り込みから加工・出力を遠隔操作するシステム)は、当社が1992年に国内で初めて開発し事業を開始しました。
当社はパイオニアの誇りにかけて、運用当初から絶えず研究・開発を重ね、他の事業者に負けないようにシステムの改良を続けています。
現在では、全国の葬儀会館やホール等2,000カ所以上をネットワークで結び、年間約35万件以上の遺影写真を製作しております。遺影写真が必要な葬儀が年間110万件施行されていることから、年間35万件以上という実績は全国シェア約30%であり、業界トップの実績となります。
私たちはこの実績を誇りに、葬儀社様、ご遺族様のご要望にお応えできる遺影写真、最高の製品・サービスを提供させていただいております。

遺影加工の流れ

葬儀の悲しみを少しでも緩和する役目をデジタルで担うアスカネットは、今後も、故人を最新技術で「おくる」チャレンジを継続していきます。

空中に遺影が浮かび上がる焼香台「飛鳥焼香台」

アスカネットの独自技術ASKA3Dプレートを活用して、ご葬儀の場にいままでにない感動と驚きの演出をご提供すべく、開発いたしました。
焼香台に3枚のASKA3Dプレートをはめ込み、各画面からアスカネットが写真加工した故人の遺影や映像が映し出されます。ライトパネルが内装されておりますので、電照フィルムをセットするだけで設置作業が容易となっております。オプションで専用バッテリーキットをご準備しておりますので、電源のない環境下でも約12時間の連続使用が可能となっております。

飛鳥焼香台

メモリアルデザインサービス公式サイト

  1. 前のページへ戻る